ひとこと写真

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フレア遊び

DSC00591.jpg

オールドレンズをミラーレスデジカメに付けられるようになってできるようになった事の一つがフレアの確認。
フィルムの頃は無理に太陽光入れて、こんなフレア出るんじゃないかなぁ、という想像でシャッターを切っていたのが、今は画面確認しながらフレアの出方を調整できる。なんとも便利です。
思いがけない喜びは減ったけどね・・・

DSC00595.jpg

三島の新しい隠れ家、ワルツに向かう階段でこんな演出。四宮さんの絵画やオブジェに、優子さんの花のセンスが加わって、ますます魅力あふれる場所になって来ています。

久しぶりの赤ズマロン。センサーサイズが小さいので、エルマー用のフード付けて撮ってます。

Sony NEX-5N + Summaron 2.8cm f5.6 @ 沼津&三島

スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/15(日) 18:44:35|
  2. Summaron 2.8cm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

びっくりライブ

DSC07074.jpg

沼津の世界的ブルーワリー、Baired Beerさんに立ち寄って、T師匠とレンズ談義(しかも100年くらい前のレンズ)していたら、さっきまでパスタゆでてくれてた方がサングラスかけてライブ始めました。3曲だけですがバッチシの盛り上がり。グラサン似合ってます!

SONY αNEX-3 + Summaron 2.8cm, F5.6 @ 沼津

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/08/07(日) 07:18:58|
  2. Summaron 2.8cm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蓄音機の夕べ

DSC07278.jpg

蓄音機、知ってる知ってる。あのビクターの犬が聴いてるやつ。
という程度の知識で、ホントの蓄音機を聴いてきました。
古くて希少というだけ、という概念でしたが、これがビックリ。
いい音なんです。なんだか、その、臨場感みたいなものが。
1930年の録音を聴くと、1930年に自分が居るような。

なにより驚いたのは、針がSP盤に触れたその音が、そのままラッパで大きくなっているということ。初めて知りました。だから電気無くても鳴るんですね。写真のは盤を回すモーターに電気使ってましたが、手回しでもいけるそうです。

DSC07277.jpg

そして、師匠のT師もクラビコード演奏。

このクラビコードはモーツァルトが旅行に持ち歩いていたもののレプリカだそうだが、師匠個人の持ち物というのがスゴイ。ちなみに師匠、先日の会話で100年くらい前のベーゼンドルファーが家にあるというのも判明。うーむ。

鍵盤を押すと、その部分の弦から駒までが振動して音が出るので、押し続けないとまともな音にならない(離すと弦の長さが変わってしまう)というのも初めて知りました。そして鍵盤を押し込んだりしてビブラートができる!ピアノよりスゴイところありますね。

蓄音機やらクラビコード、フォルテピアノコンサートはまだ池袋明日館で何回かあるので、機会ある方は是非いってみてください。

→蓄音機コンサート案内


Sony αNEX-3 + Summaron 2.8cm @ 池袋明日館

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/16(土) 20:27:04|
  2. Summaron 2.8cm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浸食

DSC07220.jpg

DSC07191.jpg

炎天下の熱海を歩いていたら
あまりの緑の侵略の勢いで
いつかアンコールワットのようになってしまうのでは・・・と感じました

DSC07211.jpg

DSC07243.jpg

DSC07232.jpg

かつて住んでいたバンコクの風景をすでに超えています。
ジャングルだ・・・

そして熱中症気味

Sony αNEX-3 + Summaron 2.8cm @ 熱海

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/15(金) 07:11:50|
  2. Summaron 2.8cm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

普通でない週末

DSC06979.jpg

土曜の朝、T師が遊びにきた。
あえて師、師匠。遊びの師匠だ。
遊びというのは、我が家の場合、音楽だったり、写真だったり、その他もろもろ。

T師は古典楽器演奏家で、古い鍵盤楽器のコンサートがあったりすると名前を見かけるような、けっこう一流の音楽家なのだが、実はウチとはカメラつながりだったりする。

T師のレンズがなぜかウチに保管してあったりするような、なんとも好ましい関係。古いレンズを最初に楽しんだのは、師の貸してくれたSummaron 35mm, F2.8だった。

そんなT師が遊びにきたので、やはり古いレンズを持ち出して、昔のスバラしい演奏を聴かせてくれる、喫茶「あずみ野」に連れて行った。マスターと話が合うかもなー、くらいな気持ちで連れて行ったら、エラいことになった。いくら話しても終わらない。いやーこの頃の演奏は魂がこもってますね、このレコードは1927年の録音なんですが・・・ いくらでもあるLPレコードが次はこれ、次はこれ、と続き、4時間経ってさすがにウチの子が疲れ果てた表情になってきたのでお開きとした。

朝10時から午後2時までの鑑賞会。その間「あずみ野」に他のお客さんがまったく来なかったというのは、この店内での異常な盛り上がりに殺気を感じたのであろう・・・か、あるいはマスター、あまりに楽しいので準備中札を出していたのか?

いずれにしろ、とてもスペシャルな鑑賞会。すごい友達が居て幸せです・・・いや、良くも悪くも?

Sony αNEX-3 + Summaron 2.8cm, F5.6 @ 沼津 喫茶「あずみ野」

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/10(日) 19:11:21|
  2. Summaron 2.8cm
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。