ひとこと写真

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

移動遊園地の夜明け

移動遊園地夜明け


都会に人が群れるように、時間にも群れるときと閑散とするときがあるわけで、田舎の移動遊園地に朝行くと静まり返っていました。寂しさが見えれば人も優しくなる?

BESSA R2A + SUMMILUX 35mm, 2nd, infinity stopper
スポンサーサイト

テーマ:レンジファインダー - ジャンル:写真

  1. 2007/03/30(金) 07:21:30|
  2. Summilux 35mm, 2nd infinity stopper
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

タイの良き田舎

ピチット10


どこの国も同じですが、ちょいと田舎に足を伸ばせば、都会では失われてしまったその国の美しい部分というのが見えてきます。

ピチットはバンコクから鉄道で北上すること4時間。朝晩は爽やかな気候でエアコン無しでも眠れる土地。マーケットでカメラを向けると決まってテレ笑いする嬉しい場所です。

BESSA R2A + SUMMILUX 35mm, 2nd, infinity stopper

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/28(水) 22:33:51|
  2. Summilux 35mm, 2nd infinity stopper
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

釣果は・・・

1


クラビーのアオナンビーチから出る釣り船は古めかしいロングテイルボート。ヤンマーの耕運機のエンジンから長ーいパイプが出ていてその先に回転するスクリューがある。このエンジンとパイプを直接左右に振って方向をコントロール。かなり難しそうだ。

そのロングテイルボートからルアーをつけた竿を2本左右に出してトローリング。アタリがあると竿を渡してもらって巻き上げるだけのお手軽な釣り。しかしエモノは大きいので引きも強い。

2.jpg


波に揺られること4時間、バラクーダ(オニカマス)2匹とアジ1匹の釣果でした。バラクーダの大きいほうは80cmほど。大満足。

3.jpg


日本人としてはもちろん、釣った魚を食べるのですが、見た感じバラクーダは小さいほうがおいしそうなので大きいほうを船頭さんにあげたら「なぜ大きいほうほうを取らないんだ?」と最後まで理解できないようでした。醤油が無いけど、タイ独特のタマリンドと唐辛子のタレをつけて美味。親子3人で完食!

FinePix Z2 (オールドレンズじゃなくてスマン)

テーマ:海のある風景 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/15(木) 15:45:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アイランドホッピング

4.jpg


クラビー現地からアップ第2弾。

クラビーでは、無人島に渡ってキレイなビーチで遊ぶのがふつう。というわけで無人島3つを回る船の1日ツアーに参加してみた。

Tourcon


ツアコンはおちゃめなオカマさん。オカマの話術はかなり楽しい。

熱帯魚


サカナもたくさんいますね。シュノーケリングのしすぎでヘトヘトです。

これから釣りに行く予定なので、それをアップしてコンデジの回は終わりです。オールドレンズファンの方、もうちょっとお待ちください。

FinePix Z2 (オールドレンズじゃなくてすんません)

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/11(日) 19:11:59|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クラビーの朝

krabi1


エアーアジアという格安運賃の航空会社がある。ベースはマレーシアかどこかにあって、タイを中心にホントに安い運賃で飛んでいる。正月にコタキナバルに行った時も片道5000円とか、そんな金額だ。ヘタすると燃料税とかの方が高かったりする。

そんなエアーアジアで、今回は週末をちょっと1日前倒しして、もひとつがんばって後ろにも1日倒したりして、結局4日間の予定でクラビーという島に飛んでみた。飛行機代は税入れて往復、家族3人で2万5千円ほど。エライぞエアーアジア。

クラビーは映画ザ・ビーチのロケ地にもなったトロピカルなリゾート。どんなシーンがあるのかな?

FinePix Z2 (オールドレンズじゃなくてすんません)

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/10(土) 13:09:55|
  2. その他
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

しっぽはありません

ねこのまね


タイの民家の床は2タイプ。フローリングか石タイル。

メンテが楽なので石タイル、というのがとても多い。一軒家、コンドミニアム問わずこればっか。ウチも石タイルです。

石タイル、というのは、硬ーい石をちょっぴりデコボコしたままか、あるいはピカピカにみがきあげてあるのが、暑さ2センチくらいにスライスしてあるもの。タテヨコ50~60センチくらいの大きなタイル状になってて床に敷き詰めてある。日本で言う大理石の床というのに近い感じです。まぁ、暑い国なんでこの上をハダシであるくと気持ちいいですね。

とはいえ、日本の畳とか、絨毯とか、あるいはあのフワっとしてるフローリングとかに慣れてると、この石の床は硬いです。転んだら悲劇。

ウチでは今まで1年半で7-8回ガラス製品を割りました。おかげで4個あったワイングラスは1個になりました。なにしろちょっと倒れただけでパリンと割れるんです。割れたときは婦女子非難命令を出して靴履いて掃除、というのが僕の役目です。


・・・で、全然関係ありませんが、写真。これは石じゃなくて陶器のタイル床。
ネコと人間の違いなんて微々たるもんなんですね。主な違いはしっぽと被毛でしょうか。

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2007/03/07(水) 19:12:04|
  2. Summilux 35mm, 2nd infinity stopper
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。